【おてがみぃと】わたしの「ああ、秋だなあ」を添えたお手紙を書こう!


誰かに向けて、お手紙を書く時間は、相手を想うと同時に、自分を想うことにもつながります。他の誰でもない、「わたし」が主語で、相手に向けて書きつづる文章だから。

お手紙を書くことで、「わたし」が今、感じたり思ったり考えたりしていることを思い出して。誰かと一緒に書くことで、さらなるコミュニケーションを楽しみたい!

そんな想いから『おてがみぃと』をはじめました。


手紙の書き方講座ではありません。時々、集まって、おしゃべりしたり、お手紙を書きたくなる+αを楽しんだりして、お手紙を書く時間を楽しむ会です。

基本は前半と後半の2部構成になっています。

前半/公園で1時間ほどさんぽをします。景色を見て気づいたり感じたり思ったりしたことを自由におしゃべり。自分ならではの季節のあいさつ文を見つけます。

後半/カフェでお手紙を書きます。飲み物やおやつをいただきながら、思い思いのお手紙時間を過ごします。

―――――

第11回目を2017年9月24日(火)に開催しました。

まずは尼崎・武庫之荘にある『大井戸公園』でおさんぽ。お手紙を書く前に季節さんぽをはじめて、まもなく1年になります。

◎ これまでのキロク ◎


秋冬春夏・・・季節を積み重ねると、「ああ、この木はこんな花を咲かせるのか」「秋には葉が一つもなかったこの木は、秋前に葉が落ちてしまうんだなあ」などの発見があります。

さて、今回は秋の気配を探しに行きました。5月に訪れた時も、いろんな“みどり”があるなあと思いましたが、夏から秋へ向かう中で、さらに深みを帯びて。深い深い緑に紛れて、黄や紅に色づく葉を見かけました。






今回のおさんぽで見つけた
「ああ、秋だなあ」

5月に見かけた時は、
明るい緑色の羽根のような葉を付けていた
ラクウショウ(スギ科)。
木の実がなっていて、その中央付近にあるポチポチが
まるでゴールドのように見えました。

5月はこんな感じ↓


それが今回はこんな感じ↓


緑がぐっと深まって、茶色の葉が混ざっていました。
木の実もこんなに大きく。

葉の色づき方もさまざまのようで。
フチから↓


まんなかから↓


虫食いのたくさんの穴。
「生きているんだなあ」と
実際の虫は見かけませんでしたが、
息遣いを感じました。


秋にも紫陽花が咲くんだって、びっくり。
6月、梅雨のイメージでした。


枯れる紫陽花。


一方で、この紫陽花。
どんどん新しい葉が生えてきています。


彼岸花。
あれ、こんなところに・・・
夏にはそんな気配を感じなかったのに、
というところに咲いています。


薔薇もいくつか、咲いていました。
可憐な美しさ。



コスモスも。


丸みがあって、どこか猫の顔の形に見える?
かわいい葉っぱ。



この後、『カフェぷろぽ』へ。お手紙を書く前に、おやつタイム!


9月末とはいえ、おさんぽ後は汗をかいたので、アイスのカフェオーレを♪

今回のレターセットはこちら。『ペーパーミント』というお店で一目ぼれしたイラストレーターの米津祐介さんによるもの。


そして!拾った落ち葉もお手紙アイテムに。


娘は葉っぱをウサギに見立てて、お手紙に貼っていました。


私は、はじめてお手紙をやりとりするあの人へお返事を。そして、郵便交換日記を。それぞれの人に向けて、心の中でたくさんおしゃべりしてきたこと・・・「お元気ですか?」「お手紙、嬉しかったです」「お手紙を読んで、こんなことやあんなことを思っていました」などを書き出します。

私にとって『おてがみぃと』は、日常の中の大切な“おてがみじかん”になっています。今回もいい時間を過ごせました。

―――――

<とっておき!>

『かほりふみの友 秋桜』(株式会社大直)。みなさんは文香をご存知ですか? 「文」はお手紙、「香」はお香、お手紙に添えるお香です。香りの贈り物ですね。


お手紙の封を開けると、ふわっと香ります。香りだけではなく、こんなに愛らしい見た目なら、さらにときめきますね。

―――――

次回は2017年12月に開催予定です。WEBサイト『関西ウーマン』『おてがみぃと』フェイスブックページでお知らせします。

【ときめく、お手紙のアレコレ】『おたよりあつめ』


あまがさきキューズモールの文具店『Stationery Market +』で見つけた『おたよりあつめ』。古川紙工株式会社によるお手紙アイテムの福袋です。何が入っているのか、ドキドキわくわく。


開けてみると!



レターセット、箱入りの便せん、ポチ袋、シールなど11点ものお手紙アイテムが入っていました。しかも、どれもかわいい。この内容と、ドキドキわくわく感付きで1000円(税別)。

◎古川紙工株式会社
http://www.furukawashiko.com/


【わたしのお手紙ライフ】15年の時を経て届いたメッセージ


父からの、このハガキを受け取ったのは、小学5年生の時、学校の林間学校中に。受け取った時は特に「嬉しい!」とも思わず、友だちはお母さんから届いていたから、羨ましい気持ちのほうが強かったんです。

「思い出に残しておこう」と思ったわけではなく、気づけばいつも机の引き出しの中に。学校のプリントなどに紛れてあって、整理する時もこのハガキだけは「捨てにくい」という理由から残り続けて。

私自身が子育てをするようになって、ようやく。このハガキのメッセージが届いたように思います。

お手紙を書いても、相手にいつ届くかはわかりません。時を経て、メッセージが届くこともあるんだと思いました。

ーーー

お手紙が持つ、時間。「おてがみじかん」コラム、『関西ウーマン』で連載中です。
https://www.kansai-woman.net/Column_b20128.html


【おてがみじかん】『だいじな人に手紙を書こう~わたしを大事にする時間~』


8月27日(日)に奈良県橿原市の男女共同参画広場『ゆめおーく』で、『だいじな人に手紙を書こう~わたしを大事にする時間~』を開催しました。

お孫さんに向けて。娘さんに向けて。友人に向けて。日頃、会ったり電話したりメールしたりしていても、言葉にできていない想いはあるもの。お手紙はそんな想いに、再び光を当ててくれるような気がします。

参加くださった方もお話くださったのですが、お手紙を書いていると、相手との出会いから遡って思い出して、想いが溢れてきます。あんなことも、こんなこともあって、今なんだなあと思います。


【おてがみでかんじる季節】『tomoon』山田智代さんによるオリジナルカード


8月になりました。蒸し暑い日々が続いていますが、みなさん、お元気ですか?今日は夏らしい一枚を。ボタン職人『tomoon』山田智代さんによるオリジナルカードです。


赤い金魚の絵と手づくりボタン。ぽよよんと和むと同時に、「よっし!」と元気をもらえます。

山田さんには以前『関西ウーマン』で取材させていただきました。

<記事はこちら>
山田智代さん
ボタン職人/tomoon
「私にしかできないもの」
創ることで素の自分が出せる
https://www.kansai-woman.net/theme561.html


【おてがみぃと】~おでかけ編~『ポスト舎』に行こう!


誰かに向けて、お手紙を書く時間は、相手を想うと同時に、自分を想うことにもつながります。他の誰でもない、「わたし」が主語で、相手に向けて書きつづる文章だから。

お手紙を書くことで、「わたし」が今、感じたり思ったり考えたりしていることを思い出して。誰かと一緒に書くことで、さらなるコミュニケーションを楽しみたい!

そんな想いから『おてがみぃと』をはじめました。

手紙の書き方講座ではありません。時々、集まって、おしゃべりしたり、お手紙を書きたくなる+αを楽しんだりして、お手紙を書く時間を楽しむ会です。

―――――

第10回目を2017年7月21日(金)に開催しました。「夏!青春18切符片手に旅に出たい!」気分で「おでかけ編」と題して、靭公園のそばにある『ポスト舎』へ。


レトロな雑貨や文房具、紙モノなど、店主さんが一目惚れした雑貨が並んでいます。


『ポスト舎』のキャッチコピーは“お手紙の書ける雑貨店”。便せんから封筒、ハガキ、ペン、切手までお手紙を書くのに必要なアイテムが揃っています。

そして!窓際に注目してください。お手紙を書けるスペースがあります。靭公園のイチョウ並木が見える窓際でのおてがみじかん。日常から少し離れて、ゆったりとした気持ちで過ごせます。


こちらは『ポスト舎』お手製の便せんと封筒。


ヨーロッパで買付けたというラッピングペーパーを便せんサイズに断裁。メッセージを書く面には罫線を印刷しています。

1枚の紙を断裁しているため、切り口によって柄の具合もさまざま。まず、ぱっと見て「どの柄パターンにしようかなあ」と悩み、柄が決まっても一枚一枚を見ながらまた悩む・・・この悩む時間が、しあわせだったりするのですが。

さらに、封筒。不透明のもの、便せんの柄を活かす透明のものがあり、色合いも、光沢感もさまざま。これまた、悩みます。

お手紙の相手のことを思い浮かべながら悩んで選ぶひととき。

●○●今回は「暑中お見舞い」を書くことにしました●○●

みなさんは暑中お見舞いを書きますか?

私は「年始は年賀状」「夏に暑中お見舞い」が習慣だったのは、小学生から高校生までだったような。以降はだんだんと書かないようになっていきました。

「なぜなのかな~?」と思い返してみると、大学生になって携帯電話を持つようになり、パソコンを使うようになったからかもしれません。メールでのやりとりがメインとなり、年賀状だけになったような気がします。

久しぶりに改まって、暑中お見舞いを書いてみよう。

ちなみに郵便局のホームページによると・・・

暑中お見舞い
 二十四節気の「小暑(7月7日頃)」~「立秋の前日(8月6日頃)」にかけて

残暑お見舞い
 「立秋(8月7日頃)」~8月末頃にかけて。遅くても「処暑の候(9月6日頃)」まで

とのこと。

さて!『ポスト舎』には、葉書もいろイロあります。ヨーロッパの絵葉書、月光荘のユーモアカード・・・絵柄や言葉を見ながら、あの人ならこのカードと一枚一枚、選びます。


この5枚に決定!はい、5人に書きます。

「1周年を迎えたあのおふたりへ」「毎年恒例『バレンタインチョコ交換』を今年はしなかったあの方へ」「『あれを送ります』と言いながら、そのままになっていたあの方へ」「いつもわくわく、どっしりした気持ちをくださるあの方へ」「いつもときめくお手紙をくださるあの方へ」・・・

お一人おひとり、異なる絵柄です。どれが、どの方向けでしょうか♪


「お元気ですか?」「ご無沙汰しています」「どうしていますか?」「あれからどうなりましたか?」「私は元気ですよ」・・・心の中で、ずっと抱えてきた気持ち、想いを、すぅっと。ココロが軽やかになりました。スキップしたい気分です。

で、うっかり、「暑中お見舞い申し上げます」の一言を書いていないことに気づき!普通に書き出してしまっていました(笑)。まあ、いいか。


机の上には『みんなのにっき』があります。『ポスト舎』の店主さん、ここに訪れた人たちが、その日あったことを書き綴った日記帳です。私もこの日過ごしたおてがみじかんについて書きました。

春夏秋冬、どんな日々がここに書き綴られるんだろうと、それもここに来る楽しみの一つ。

切手も貼って、帰る途中のポストに投函。とても爽やかな気持ちで帰路につきました。

―――――

<とっておき!>


『ポスト舎』では、ガラスペンの試し書きができます。ペン先をインクに浸して書くのですが、最初はインクがぽたぽた落ちるのではとヒヤヒヤ。

でも、びっくり!おもしろいくらいに、落ちてこない。「ペン先が毛細管現象によりインクを吸い上げている」とのこと。ペン先で科学的なことが起きているようです。

するするっとした書き心地。いい感じでにじんだりにじまなかったり。

ガラスペンは日本生まれ。明治35年に風鈴職人である佐々木定次郎さんが開発したそうです。

―――――

次回は2017年9月に開催予定です。WEBサイト『関西ウーマン』『おてがみぃと』フェイスブックページでお知らせします。


【お気に入りのお手紙アイテム】しずくのレターセット


梅雨入りしたとたん、晴れの日々。昨日は久しぶりの雨でした。みなさんは、どんな雨の一日をお過ごしなられましたか?

私は「いよいよ♪このレターセットでお手紙を」と、ときめいていました。文房具屋さんで見つけて以来、「梅雨になったら」とあたためてきたものです。


すきっと、ほわわんとした色合いのしずく。その中には、ミズタマ、ストライプ、キラ星、虹が閉じ込められています。「雨」と一言で表しても、嬉しい、憂鬱な、悲しい・・・朝の、昼の、夜の・・・いろんな雨があって。やんだ後には虹が見えることもあります。しずく一つひとつから想像ひろがる、レターセットです。

◎株式会社クーリア
「katachi leter」シリーズ
http://www.qlia.com/